カテゴリー: 総合
投稿者: master
これはあなたのblogにおける最初のアイテムです。自由に削除していただいてかまいません。
カテゴリー: test
投稿者: yamamoto
マークは必ずご記入下さい        プライバシーポリシー
お名前
ふりがな
ご住所
電話番号
メールアドレス
確認用メールアドレス確認のため、もう一度ご入力ください。
見積希望お見積もりを希望されますか?
はい/いいえ
お問い合わせ内容ご用件をお選びください。
新築に伴う外構工事/外構のリフォーム工事/その他
ハウスメーカー
※新築に伴う外構工事をご希望の方は必ずご記入ください。
ご連絡に関して弊社よりご連絡させていいただく際に、ご都合のよい方法と時間帯をお教えください。
電話/メール

■ご都合のよい時間帯にチェックを入れてください。
午前:〜9:009:00〜12:00
午後:12:00〜13:0013:00〜16:00
 16:00〜18:0018:00〜
※ご希望の時間帯以外にお電話させていただく場合もございます。
弊社を知ったきっかけ弊社を知ったきっかけをお教えください。

■該当する項目にチェックを入れてください。
検索サイト(Google/Yahoo!など)
チラシ 情報誌・新聞・雑誌など
工事現場や車両を見て 以前から知っていた
知人・友人からのご紹介
その他



「リフォーム」とは、老朽化した建物を新築の状態に戻すことをいいます。

マイナスの状態のものを、ゼロの状態に戻すための機能の回復という意味合いとして使われることが

多く、例えば、外装の塗り直しや、キッチンの設備の変更、壁紙の張り替えなどが該当します。

また最近では、「リノベーション」という言葉を耳にする方も多いと思います。

「リノベーション」とは、既存の建物に大規模な工事を行うことで、

性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることをいいます。

よりデザイン性の高いものに改良したり、間取りや内外装などを変更したりするなど、

プラスαで新たな機能や価値を向上させるという意味合いとして使われる場合が多いです。

このように、本来の意味で「リフォーム」と「リノベーション」は少し異なりますが、

あまり厳密な使い分けはせず、曖昧になっていることがほとんどです。


Before|After



では、エクステリアにおいてはどうでしょうか。

もちろん、エクステリアにおいてもリフォーム(リノベーション)を行うことができます。

庭(ガーデン)をリフォーム(リノベーション)することから、「リガーデン」ともいい、

主に暮らし方や住む人の変化に合わせて庭やエクステリアを新しくすることが目的で、

どちらかというとリノベーションに近い意味合いで使われる場合が多いです。

・小さいお子さんの道路への飛び出し防止や、不審者などへの防犯に配慮した門廻り
・カーポートやサンルームなど、天候に左右されない外部空間
・玄関やアプローチ、園路などにおいて、誰もが安心して過ごすことのできるバリアフリー対策
・室内からも眺望を楽しめ、アウトドアリビングとしてもゆったり過ごせるお庭

私たちは、こうしたお客様が抱えるお悩みやご要望にお応えすべく、

リフォームのプロとして多くの研修に参加し、知識や技術の向上を図っております。



株式会社LIXILが運営する業界最大級のリフォーム総合サイトであり、

私たちもエクステリアマイスターとして登録されております。

≫詳しくはこちらより「LIXILリフォームネット」の案内ページをご覧ください。

エクステリアマイスターとは、LIXILリフォームネット登録店の社員を対象に、

3日間の専門研修と試験を行い、研修後の施工実績を加味した上で認定されるエクステリアの

プロフェッショナルの証です。(下記のマークが目印です。)


■修業内容
・エクステリアのプロのゾーニング
・駐車・駐輪空間の構成要素
・門まわり・アプローチ空間の構成要素
・主庭(メインガーデン)空間の構成要素
・サービスヤード空間の構成要素
・ガーデンルームの提案・施工監督知識
・課題に対するゾーニング提案

≫詳しくはこちらより「エクステリアマイスター」の案内ページをご覧ください。



株式会社タカショー(以下、「タカショー」という)が運営する全国の庭のプロフェッショナル

ネットワークであり、私たちも登録されております。

≫詳しくはこちらより「タカショーリフォームガーデンクラブ」の案内ページをご覧ください。

また、私たちはタカショーが主催する「エクステリア&ガーデンライティングマイスター制度研修会」

を終了し、ライティングマイスター及びウォーターガーデンマイスターに認定されております。

ライティングマイスターとは、「光」と「照明」の重要性を理解し、より高度なライティングテクニック

とセンスの向上を目指す全国の庭照明のプロフェッショナルの証です。

≫詳しくはこちらより「ライティングマイスター」案内ページをご覧ください。

また、同制度で「ウォーターガーデン」に関するものがウォーターガーデンマイスターです。



このページをご覧になられている方の中には、

「そもそもエクステリアって何?」という疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

私たちが考えるエクステリアとは、一言でいうと「建物以外の住宅廻り全般」のことです。

宅地造成から土留工事、土間やカーポート工事、花壇や植栽工事、ウッドデッキやテラス工事など、

すべてがエクステリアであり、私たちの範囲です。

念願のマイホームを建てられた方、またはこれから建てようという方。

新築時はやはり建物の事で精一杯になる場合が多いと思います。

それでもエクステリアのことも同時に考えてほしいのです。

なぜなら素敵な住まいとは、建物とエクステリアとのバランスがとても大事だからです。

どちらが欠けてもいけないのです。

そして、将来も含めた家族のライフスタイルを想像してみてください。

Q. 「車は何台必要ですか?将来お子さんが大きくなったらどうしますか?」
Q. 「自転車はどこに置きますか?雨ざらしでも大丈夫ですか?」
Q. 「外部からの視線はどうですか?道路や隣地から丸見えではないですか?」
Q. 「物干しはどこでしますか?天候に左右されませんか?」
Q. 「ペットはいますか?柵や洗い場が必要ではないですか?」
Q. 「趣味として楽しめる菜園スペースや花壇はいかがですか?」

このようにライフスタイルを考えること、それが快適なエクステリアを手に入れるための第一歩です。

とはいえ、新築の場合は建物に予算がかかりすぎてしまい、

エクステリアに十分な費用をかけることが難しい場合がよくあります。

そんな時はあまり焦らずに、何回かに分けて工事されることをおすすめします。

まずは絶対に必要な工事だけを行い、資金が貯まったら次はここという風にしていけばよいのです。

注意してほしいのは、建物が建った後でエクステリアを考えると、

どうしても選択肢が限られてしまうということです。

納まりが悪くなってしまったり、無駄な出費にも繋がりかねません。

そうした問題が起こらないように、

はじめにエクステリアを含めた住まいの全体像を描いておくことが大事なのです。



自治体が住民の合意に基づいて定める、地区計画制度というものがあります。

地区計画制度とは、

「一定の地区を単位として、その地区が安全で快適な美しい魅力あるまちづくりを推進するために、

基本的な方向を明らかにすると共に、公共施設の配置や建築物の形態等を総合的に計画し、

建築行為や開発行為を適正に規制・誘導するもの」

であり、その内容はその地区によって異なります。

主に緑化に関することや、塀などの工作物に関することで規制される場合があり、

これらの内容はエクステリアを考える上で少なからず影響してきますので、

新築工事を予定している方は、

「地区計画によって規制される事項があるのか」、「それはどのような内容なのか」

ということをあらかじめ知っておくことが大事です。



私たちは、ご提案の際にエクステリア・造園専用のCADソフトを使用して、

図面及び3Dパースイメージを作成しております。

CADソフトの中には、

各メーカーで取り扱っている商品や樹木などのコンテンツが多数登録されておりますので、

お客様のご希望に合ったエクステリアプランと施工後のイメージを、

的確にお伝えすることができます。

また、初回お打ち合わせの際に、建物の平面図や立面図、外観イメージをご提供いただければ、

建物を含めた住まい全体のイメージとして作成いたします。


カテゴリー: サービス
投稿者: master
アプローチ
階段・スロープ・手摺
駐車スペース
デッキ
タイルテラス
フェンス
門柱・門袖・門扉
花壇
パーゴラ
ウォーターガーデン
照明
表札・ポスト
立水栓・ガーデンパン
その他
カテゴリー: サービス
投稿者: master
坪庭
生垣
竹垣
芝生・人工芝
砂利
シンボルツリー
グランドカバー
剪定
雪吊り