石川県金沢市にてエクステリア(外構工事)&ガーデン(庭)をトータルにご提案

[平日・土曜] 8:00〜19:00
[日曜] 9:00〜17:00 [祝日] 休業
このページのトップへ
ホーム » お庭の用語集
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
 
アウトドアリビング【あうとどありびんぐ】
屋外でリビングのように家族が憩いのひとときを楽しむ空間
足場【あしば】 高い所で作業するために組み立てた足を置ける場所
アスファルト【あすふぁると】 原油からできた黒い複雑な炭化水素を主成分とする混合物
アプローチ【あぷろーち】 道路・門から玄関までの通路
洗い出し【あらいだし】 種石とセメントを混ぜ合わせて下地に塗り付け表面が乾かないうちに水洗いして種石を露出させたもの
アルミ形材【あるみけいざい】 アルミを角タイプ、丸タイプ・L型やT型、その他の形状に加工したもの
アンカー【あんかー】 建物を固定するために基礎コンクリートにボルトを埋め込むこと
暗渠【あんきょ】 道路や鉄道などの地下に埋設された水路
生垣【いけがき】 自分の敷地と隣地や道路の境界線などに塀の代わりに樹木を植えて垣根にしたもの
移植【いしょく】 植物を別の場所へ植え替えること
板石【いたいし】 薄く平たい板状の石
入隅【いりずみ】 壁などのふたつの面が出合った所の内向きの角が凹って見える部分
インターロッキング【いんたーろっきんぐ】 ブロック材を互いがかみ合うように配列する方法
ウォーターガーデン【うぉーたーがーでん】 池や噴水などの水景と水生植物の庭
雨水桝【うすいます】 敷地内の雨水を集め排水するもの
打ち放しコンクリート【うちっぱなしこんくりーと】 型枠を外したコンクリートを塗装・タイルなどを使用せず、そのままの見せる仕上げ法
内開き【うちびらき】
ドアや窓などが内側に開くこと
裏庭【うらにわ】
家や建物の裏側の庭
エコキュート【えこきゅーと】 環境を考え開発された、空気の熱を活用して熱エネルギーで給湯可能な家庭用給湯システム
LED照明【えるいーでぃーしょうめい】
発光ダイオード(電流を流すと光を発する半導体素子)を使用した照明器具
縁石【えんせき(ふちいし)】
車道と歩道との境界線として路肩に置くコンクリート製のブロック
エントランス【えんとらんす】 建物の出入り口・玄関
園路【えんろ】
公園や庭園の中の通路
オーニング【おーにんぐ】 店先などの窓の上に日よけ雨よけのために取り付けた可動式のテント
オープンスタイル【おーぷんすたいる】 門扉や高い塀・フェンスなどを作らず開放的な外構スタイル
屋上緑化【おくじょうりょっか】
建築物の屋根や屋上に自然環境向上のため植物を植えて緑化すること
汚水桝【おすいます】
家屋内のトイレ・キッチン・洗面所などの汚水を集め排水するもの
親子開き【おやこびらき】
左右の幅が大小異なる両開きの扉
折り戸【おりど】
2枚以上の戸を折り畳めるようにした戸
 
ガーデニング【がーでにんぐ】 庭やベランダに草花を植えたり手入れをすること
ガーデンパン【がーでんぱん】 立水栓の流れてくる水を受ける器具
ガーデンルーム【がーでんるーむ】 お庭とリビングをつないで雨風・日射しを和らげる快適な多目的スペース
カーポート【かーぽーと】 壁に囲まれていない屋根と柱だけの簡易車庫
確認申請【かくにんしんせい】 工事着工前に建築基準法に適合しているのか役所に提出して審査してもらうこと
架橋【かきょう】 橋を架けること
筧【かけひ】 竹や木の樋を使って流水や湧き水を引くもの
笠木【かさぎ】
塀・手すりなどの最上部に取り付ける仕上げ材
片流れ屋根【かたながれやね】
屋根前面が片方にだけ傾斜したもの
片開き【かたびらき】
扉が1枚で左右どちらかが開閉するもの
架台【かだい】
設備機器類などを乗せる台のこと
型枠【かたわく】
コンクリートを流して固まるまで支持する仮設の枠組み
花壇【かだん】
庭などの一部を石やレンガ・枕木などを積んで区切り土を入れて草花を植えるところ
桂石【かつらいし】
土台石・地覆石・布石など地盤に据える石のこと
金鏝仕上げ【かなごてしあげ】
土間などのコンクリートやモルタルの表面を金コテを使って平らにきれいに仕上げる方法
株立ち【かぶだち】
1本の茎の根元から数本の幹が上がっていること
川砂利【かわじゃり】
河川から取れる砂利
川砂【かわずな】
河川に堆積した砂
ガラスブロック【がらすぶろっく】
ガラスで作られた中空の箱型ブロック
刈込み【かりこみ】
草木の枝葉を切り整えること
枯山水【かれさんすい】
水を用いずに石や砂などで水の流れや池を表現する庭園
瓦チップ【かわらちっぷ】
廃瓦を粉砕したもの
乾式工法【かんしきこうほう】
水を必要とする下地材や仕上げ材を使用しない施行方法
灌木【かんぼく】
成長しても樹高が約3m以下の木のこと
幹線道路【かんせんどうろ】
地域・都市などの相互間の交通を受け持つ主要な道路
基礎コンクリート【きそこんくりーと】
上部構造からの荷重を地盤に伝え、構造物を安全に支えるコンクリート
擬木【ぎぼく】
自然の木に似せて造られた人工的な木のこと
客土【きゃくど】
地盤改良のため他所から運んできた良質の土と混合すること
切石【きりいし】
用途に応じて様々な形に切った石材
切下げ【きりさげ】
段差をなくすため低くすること
切詰め【きりつめ】
部材などを決められた大きさに再加工すること
切妻屋根【きりづまやね】
本を伏せたように両側に流れる山形の形状した屋根
金閣寺垣【きんかくんじがき】
金閣寺のものを原型とする竹垣の形式の1つで丈の低い垣根の上部に割竹を掛けるもの
空洞ブロック【くうどうぶろっく】
内部を空洞にしたブロック
櫛引仕上げ【くしびきしあげ】
下塗り面に櫛目を入れること
躯体【くたい】
住宅及び建造物(基礎・柱・梁・壁面・床)の構造体又は骨組みのこと
掘削【くっさく】
土地や岩石を掘ったり削ったり穴を開けたりすること
沓脱石【くつぬぎいし】 縁側から庭に降りる場所。履物をぬぐための石
クローズドスタイル【くろーずどすたいる】 道路・隣地境界線部を塀・フェンス・門柱・門扉などで家を囲み外部からの侵入や視線をカットすること
グラストップ【ぐらすとっぷ】 植栽面を広くとることができ、花壇や土留もプランターにできるブロック
グランドカバー【ぐらんどかばー】 地面を覆い隠すために草丈が低い植物を植栽すること
グレーチング【ぐれーちんぐ】 道路の側溝や排水溝などに用いられる格子状の蓋
蹴上【けあげ】 階段の一段の高さ
景観法【けいかんほう】 都市、農村漁村の良好な景観の形成を促進するための法律
景石【けいせき】 日本庭園で風致を添えるため要所に配置した石
蹴込み【けこみ】 階段の踏み板と踏み板との間に取り付けられた垂直な板
化粧ブロック【けしょうぶろっく】 面に着色・塗装・研磨・切削などを施して仕上げているコンクリートブロック
桁【けた】 柱と柱の間に平行方向に横に渡して建造物の上部の構造体を支える部材のこと
間知ブロック【けんちぶろっく】 一定の寸法に作った石垣や土留擁壁用のコンクリート製のブロック
建築基準法【けんちくきじゅんほう】
建築物の敷地・設備・構造・用途に関する最低基準を定めた法律
建築物【けんちくぶつ】
建築されたもの。建物
建仁寺垣【けんにんじがき】
建仁寺で初めて用いた形式で割竹を垂直に隙間なく並べ、竹の押し縁を水平にしゅろ縄で結んで取り付けた竹垣
建蔽率【けんぺいりつ】
建築面積が敷地面積に対して占める割合のこと
工作物【こうさくぶつ】
法律で建物・塀・電柱・橋・トンネルなど地上や地中に造られた建造物のこと
高木【こうぼく】
樹高が5mを超える樹木のこと
広葉樹【こうようじゅ】
形が丸くて幅の広い葉をつける樹木
苔類【こけるい】
コケ植物の一群
鏝目地【こてめじ】
土間コンクリート仕上げの際、目地材を入れる代わりに鏝で押さえた目地のこと
コンクリートブロック【こんくりーとぶろっく】
コンクリートを型に入れて作ったブロック
コンクリート平板【こんくりーとへいばん】
コンクリートの原料で作られた平らな板
 
サービスヤード【さーびすやーど】 キッチンと直結した庭の一部で洗濯や物干しなどに利用する家事用スペース
再生砕石【さいせい(りさいくる)さいせき】 解体等で発生したアスファルト・コンクリート・レンガ等、建設廃材を破砕したリサイクル材
砕石【さいせき】 岩石や大きな石をクラッシャーで小さく砕いたもの
サイディング【さいでぃんぐ】 建物の外壁に使用する木・石綿セメント板・金属などの材質の板材
在来軸組工法【ざいらいじくぐみこうほう】 木材を使用した土台・柱・梁・筋かいなどで建物を組み立てる工法
サイン【さいん】 看板のこと
左官仕上げ【さかんしあげ】 モルタルや漆喰・プラスターなどの塗り壁材料をコテを用いて仕上げたもの
残土【ざんど】 穴を掘ったりして現場の外に排出される土のこと
サンルーム【さんるーむ】 日光がよく入るようにした屋根・壁をガラス張りにした部屋
敷石【しきいし】 園路や通路などに敷き並べた平らな石
仕切り材【しきりざい】 仕上げが異なる取合の部分に入れる部材
自然石【しぜんいし】 加工していない天然のままの石
下草【したくさ】 樹木や庭石などの根元のまわりに植える背の低い草花
下地【したじ】 土台・基礎・素地
支柱【しちゅう】
倒壊防止の目的で建造物や樹木などを支える柱
室外機【しつがいき】
外に設置される部屋の中の熱を外に出す設備
湿式工法【しっしきこうほう】
水を必要とする下地材や仕上げ材を使用する施行方法
地縄張り【じなわはり】
設計図通りに建物の位置に縄を張る作業のこと
芝生【しばふ】
芝が一面に生えている所
地盤調査【じばんちょうさ】
工事着手前に土地の地盤性質を調査すること
車庫【しゃこ】 自動車などの車両を収める建物
重力式擁壁【じゅうりょくしきようへき】 擁壁自身の重量のみで土圧に耐える形式
宿根草【しゅっこんそう】 地上部が枯れても根が残り毎年発芽・生育する草花
樹脂【じゅし】 合成高分子化合物(プラスチック・ポリエチレン・ナイロンなど)
主庭【しゅにわ】 リビング・ダイニングや応接室などに面したメインの庭
浄化槽【じょうかそう】 日常生活で生じた汚水や屎尿を生物処理によって浄化する装置
常緑樹【じょうりょくじゅ】 年間を通じて葉を保ってる樹木
植栽【しょくさい】 庭・玄関・門・塀のまわりなどに草木を植えること
除草【じょそう】 雑草を取り除くこと
心字池【しんじいけ】 心の字を平面上に表現した池
伸縮目地【しんしゅくめじ】 コンクリートは気温の変化で膨張したり収縮するので亀裂防止のため一定区画ごとに設けられる変形を吸収するもの
伸縮門扉【しんしゅくもんぴ】 アコーディオンのように伸び縮みする門の扉
シンボルツリー【しんぼるつりー】 庭や外構の象徴となる樹木
針葉樹【しんようじゅ】 形が針のように先がとがり硬い葉の樹木
水中ポンプ【すいちゅうぽんぷ】 水中で使用できるポンプ
透かしブロック【すかしぶろっく】 コンクリートブロックに穴あきや透かし模様を施したもの
鋤取り【すきとり】 敷地の不要な残土をすき取ること
杉本実板【すぎほんざねいた】 一方の板を凹片方の板を凸にしてはめ込むつなぎ方に加工した杉板
墨出し【すみだし】 図面に基づき、墨つぼという道具を使い建物の柱・壁・床の位置など工事の基準となる線を書き出すこと
スリット【すりっと】 コンクリート造で変形を軽減するために入れる切れ目のこと
スロープ【すろーぷ】 段差を解消するための緩やかな傾斜した通路
設計GL【せっけいじーえる】 建築物の高さを決めるための基準となる土地の表面レベル
セットバック【せっとばっく】 建築基準法上、道路が4m未満のものは自分の土地であっても制限され境界線から後退して建築すること
折板【せっぱん】 平板を折りたたんだ形状の板
施肥【せひ】 植物に肥料を与えること
セミオープンスタイル【せみおーぷんすたいる】 門柱・門扉・フェンスや生垣などを軽く設けるオープンスタイルほど開放的ではない外構
セメント【せめんと】 コンクリートの原料のひとつで水と反応して硬化する粉末
剪定【せんてい】 不要な枝や葉を切り全体を整えること
ゾーニング【ぞーにんぐ】 建築のプランニングで空間を用途に分けて考えること
ソーラーライト【そーらーらいと】 太陽光のエネルギーを電気に変換して照明する器具
造園【ぞうえん】 人の手によって庭園などの空間を造ること
雑木【ぞうき】 種々雑多の木
添木【そえぎ】 草木などが倒れないように支えとして添えた木・支柱
造成【ぞうせい】 土地の地盤の形状を利用できるように整備すること
測量図【そくりょうず】 土地の形状や面積、道路・隣地境界線などが表示されている図面
側溝【そっこう】 道や線路に沿って設ける排水溝
外開き【そとびらき】 建物の外側に開くタイプの窓・戸
 
ダウンライト【だうんらいと】 天井に埋め込み下方を照らす照明器具
宅地【たくち】 建物の敷地、建物を建てるための土地
竹垣【たけがき】 竹で組んだり編んだりして作った垣
立上り【たちあがり】 垂直方向の高さ
玉砂利【たまじゃり】 形状が丸くて粒のそろった大きめの砂利
地区計画【ちくけいかく】 道路や公園の配置や規模、建物の用途・高さ制限などを市町村と土地・建物の所有者が話し合い地域の特性に応じてルールを定めること
地被類【ちひるい】 地面をおおっている雑草やコケ類
駐車スペース【ちゅうしゃすぺーす】 自動車を駐車する場所
中木【ちゅうぼく】 樹木高が1.5m〜3m以下のもの
中連窓【ちゅうれんまど】 床上67〜85僂旅發気棒澆韻秦襪里海
2×4工法【つーばいふぉーこうほう】 壁・床・天井に2インチ×4インチの角材で骨組みを作り合板を貼り付け面で構成される工法
束石【つかいし】 床束などの下に設ける石
築山【つきやま】 人工的に土砂または岩石で小高く作った山
蹲【つくばい】 縁側近くの庭に備えてある石や岩などをくりぬいてつくった手水鉢
坪庭【つぼにわ】 塀や垣根、建物で囲まれた敷地の一部につくった小さな庭
蔓性植物【つるせいしょくぶつ】 他の植物や支柱などに茎を巻き付けたりして茎を伸ばす植物のこと
低木【ていぼく】 成長しても樹高が約3m以下の木のこと
出隅【でずみ】 壁などのふたつの面が出合った所の外向きの角が凸って見える部分
デッキ【でっき】 庭など建物の外部に設けられた床のこと
鉄筋コンクリート【てっきんこんくりーと】 鉄筋で補強したコンクリート
テラコッタタイル【てらこったたいる】 素焼きのタイルのこと
テラス【てらす】 リビングの床と同じ高さでリビングと庭をつないだスペース
テラス屋根【てらすやね】 テラスの上に取り付けられた屋根
転圧【てんあつ】 土を均一にし砂利を敷き詰めローラーを転がして地盤を固めること
天端【てんば】 各部位や部材などの上面のこと
樋【とい】 屋根を流れる雨水を排出するために軒先に設けられた筒状のもの
灯篭【とうろう】 灯火をともす器具
独立基礎【どくりつきそ】 それぞれの柱の下に設ける独立した基礎
飛び石【とびいし】 日本庭園などでとびとびに配置された平らな石
土間コンクリート【どまこんくりーと】 地面や砂利や砕石などを敷き込み直接打ち込むコンクリートのこと
トレリス【とれりす】 鉄や木で作られる庭園用の格子垣
 
中庭【なかにわ】 建物や塀で囲まれた庭
波板【なみいた】 波状に成形された板材
庭木【にわき】 庭に植える樹木
布基礎【ぬのぎそ】 断面が逆T字形の連続して設けられた鉄筋コンクリートによる基礎
塗り壁【ぬりかべ】 壁土・漆喰・モルタルなどを塗って仕上げた壁
根入れ【ねいれ】 杭・基礎・擁壁などの地中埋設部分のこと
根巻き基礎【ねまきぎそ】 鉄骨の柱脚の接地部分をコンクリートで固定させる基礎
根廻し【ねまわし】 大きな樹木を移植する際に移植の1〜2年前に根の周りを掘削して太根を切断あるいは環状剥皮し埋め戻しておくこと
延段【のべだん】 庭の園路に平らな面の石を敷き詰めたもの
法面【のりめん】 切土・盛土により作られる人工的な斜面
 
バーク堆肥【ばーくたいひ】 樹木の皮や切りくずなどを堆積・発酵させて作った土壌改良材のこと
パーゴラ【ぱーごら】 庭や軒先に設ける木材などで組んだ棚のこと
パース【ぱーす】 建物の外観などを立体的な絵にしたもの
ハーブ類【はーぶるい】 香草・香味草類のこと
配置図【はいちず】 敷地の形状・建物の位置や道路・方位などを描いた図面
刷毛引き仕上げ【はけびきしあげ】 塗り材をコテで押さえたあと、硬化しないうちに刷毛で表面に凸凹を設け荒く仕上げる方法
ばち【ばち】 平行に取り付けてある部材が平行でないこと
跳ね上げ門扉【はねあげもんぴ】 扉が上下に開閉する方式の車庫前門扉
巾木【はばき】 壁の最下部と床に接する部分に取り付ける横板のこと
破風【はふ】 切妻造や入母屋造の軒天井と屋根が交わる三角形の部分のこと
浜砂【はまずな】 コンクリートやアスファルト混合物を作る際に用いられる材料である砂利や砂などのこと
はめ殺し窓【はめごろしまど】 窓枠にはめ込んで開閉できない窓
バラス【ばらす】 砂利のこと
梁【はり】 柱の上に水平に置き、建物の上から荷重を支える部材のこと
バルコニー【ばるこにー】 建物の外面に張り出した手摺付きのスペースのこと
バルブ【ばるぶ】 管を通る気体や液体を通したり止めたり絞ったり制御を行う機器
板金【ばんきん】 薄く平らに形成した金属のこと
半重力式擁壁【はんじゅうりょくしきようへき】 壁体に発生する引張応力を鉄筋などで抵抗させるようにした擁壁
ビオトープ【びおとーぷ】 多種類の動物・植物が生息・生育できる環境条件を備える場所
控え壁【ひかえかべ】 壁が倒れないよう安定性を高めるため壁から直角に突き出して設けられた補強壁
引き戸【ひきど】 左右にスライドし開閉する扉
引き違い戸【ひきちがいど】 2枚以上の戸を左右に引き違いでスライドし開閉する扉
庇【ひさし】 出入口や窓の上に取り付けられる、日差しや雨を防ぐための小さな片流れ屋根
ビシャン仕上げ【びしゃんしあげ】 ノミ切りした後ビシャンという特殊なハンマーでたたいて表面を平らに仕上げること
病害虫【びょうがいちゅう】 病気を引き起こす害虫
ひょうたん池【ひょうたんいけ】 ひょうたんのような形をした池
開き戸【ひらきど】 前後に開閉するドア
ピンコロ石【ぴんころいし】 9儚僂らいの立方体の石材
FIX窓【ふぃっくすまど】 窓枠にはめ込んで開閉できない窓
フェンス【ふぇんす】 アルミや木などの柵・囲い
吹付け仕上げ【ふきつけしあげ】 スプレーガンで塗料を吹き付ける方法
フットパス【ふっとぱす】 歩行者専用の路地
ブラケット【ぶらけっと】 軒や棚を支える受け木のこと
プランニング【ぷらんにんぐ】 建築の計画・設計をすること
ブロック塀【ぶろっくべい】 コンクリートブロックで造られた塀
平面図【へいめんず】 建物などを水平に切断し真上から見て縮尺して描いた図
壁面緑化【へきめんりょっか】 建物の屋上や壁面・塀などに植物を植えて緑化すること
ベタ基礎【べたぎそ】 建物の底面全体にわたって鉄筋コンクリートになってる基礎
ペフ【ぺふ】 断熱材
ベンチマーク【べんちまーく】 敷地や建物の高低測量の基準位置となるもの
ボーダー【ぼーだー】 仕上げが異なる境界部分に設ける幅の小さな帯状の部材
ポーチ【ぽーち】 玄関の外側に設けられた屋根付きの空間のこと
防草シート【ぼうそうしーと】 雑草が生育しないように敷くシート
ポリカーボネード【ぽりかーぼねーど】 耐衝撃性・透明性・耐水性に優れているプラスチック
 
前庭【まえにわ】 建物の前方で門などの入口から玄関までの間に作られる庭
間口【まぐち】 建物や敷地を主要な方向から見た時の幅
枕木【まくらぎ】 鉄道線路のレールの下に敷かれた部材を再利用したもの
真砂土【まさど】 花崗岩が風化してできた砂のこと
真竹【まだけ】 3年以上たった最も強度のある竹のこと
豆砂利【まめじゃり】 径10mm以下程度の粒径の砂利
御影石【みかげいし】 花崗岩の石材
御簾垣【みすがき】 すだれに似せて細い丸竹を横に使った垣根
水糸【みずいと】 水平を示すために用いる糸
水切り【みずきり】 雨水が壁の方に回り込まないように下端につけた溝
水勾配【みずこうばい】 雨水などを排水するために雨樋や床面につける勾配
水抜きパイプ【みずぬきぱいぷ】 擁壁や土留の土壌から溜まった雨水などを排出するために設置するパイプ
水鉢【みずばち】 樹木や草花の移植のとき根鉢のまわりに水が行き渡るようにくぼみをつくること
むら【むら】 表面の色が不揃いのこと
目地【めじ】 コンクリートブロック・レンガやタイルなど部材の隙間や継ぎ目の部分
木調【もくちょう】 木の模様を表現したもの
モザイクタイル【もざいくたいる】 彩色された50mm以下の小さなタイル
もたれ式擁壁【もたれしきようへき】 地山や裏込め土にもたれかかるタイプの擁壁
物置【ものおき】 あまり使わない物や道具などを入れて置く場所
物干し【ものほし】 洗濯物を干すこと またはそのための場所
盛土【もりど】 整地のために元の地盤に土を盛ること
モルタル【もるたる】 セメントや石灰と砂を水練りしたもの
門袖【もんそで】 門の代わりに入口付近に設置する壁
門柱【もんちゅう】 門の両わきをなす、はしら
門灯【もんとう】 門口や門柱に取り付けた電灯
門扉【もんぴ】 門のとびら
門廻り【もんまわり】 門・門柱・門扉・ポスト・表札・インターホンなどの総称
 
山砂【やまずな】 山で採れる砂
U字溝【ゆーじこう】 断面がU字形になっているコンクリート製の排水溝
養生【ようじょう】 1)工事の途中で、すでに仕上がった部分が破損したり汚れを防ぐためにシートを敷いたりして保護すること
2)コンクリートやモルタルが硬化するまで保護すること
擁壁【ようへき】 崖や盛土・切土における土砂崩壊防止のために設ける壁
寄せ植え【よせうえ】 同種や異種の植物を寄せ集めて配置し植えること
寄せ棟屋根【よせむねやね】 四方向に勾配がある屋根のこと
四つ目垣【よつめがき】 上下に四つの空間がある透かし垣
 
落葉樹【らくようじゅ】 秋冬になると葉が茎や枝から離れ落ちる樹木
ランドスケープ【らんどすけーぷ】 風景・景色のこと
欄間【らんま】 天井と鴨居との間に格子や透かし彫りの板などを取り付けた部分
立水栓【りっすいせん】 屋外に設置する柱のついた水道設備
立面図【りつめんず】 建物を真横から見た外観の姿図
量水器【りょうすいき】 管路を流れる水量を計測する機器
両開き【りょうびらき】 2枚の扉が中央から左右に分かれて開閉するもの
緑化率【りょっかりつ】 敷地面積に対して緑化された土地の面積が占める割合のこと
ルーバー【るーばー】 ドアや窓などに設けられ一定の幅の羽板を隙間をあけて平行に組んだもの
レディーミクストコンクリート【れでぃーみくすとこんくりーと】 生コン車で運搬され、すぐ使うことができる柔らかい状態のコンクリート
レベル【れべる】 建物を建てる時に高さの基準を出すこと
煉瓦【れんが】 粘土に砂・石灰などを混ぜて練り型に入れて焼成うぃたブロック状のもの
ローボルトライト【ろーぼるとらいと】 地面に差し込むタイプの後付け可能な庭照明器具
ローラー仕上げ【ろーらーしあげ】 ローラーにより様々な模様や仕上がり感・質感を表現する工法
ロックガーデン【ろっくがーでん】 石や岩・粗い砂などを利用して山野草などの草花を植え込むガーデンスタイル
六方石【ろっぽうせき】 溶岩が冷却し、収縮する過程で、六角形の縦方向の割れ目が生じてできたもの
ロハス【ろはす】 健康的で持続可能なライフスタイル
 
割石【わりいし】 石材を割って作った一定の形状をしていない石
割肌【わりはだ】 割ったままの石肌