石川県金沢市にてエクステリア(外構工事)&ガーデン(庭)をトータルにご提案

[平日・土曜] 8:00〜19:00
[日曜] 9:00〜17:00 [祝日] 休業
このページのトップへ
ホーム » 魅惑のナイトガーデン
 
 

「ファサード」ってあまり聞き慣れない言葉ですよね。簡単に言うと、「建物を正面から見たデザイン」のことで、つまりは「我が家の顔」です。ファサードにあかりがあることで安心感や安全性が確保され、そしてなにより、美しく照らし出された壁や植栽が住宅そのものの価値を高めてくれます。新築時はもちろん、後からリフォームで取り付けることもできますので、お庭の照明のことなら私たちにおまかせください。もしご予算が心配な方は、1か所だけでも入れてみませんか?それだけでもビックリするぐらい印象が全然違ってきますよ。





壁を照らすならこのタイプがおすすめ!



ClipboardImage

グランドライトで抜群の存在感を演出!


地中に埋設してアイポイントとしての使用から、壁面を照射して光のデザインまでを楽しめる照明です。コンパクトな照明器具ながら、しっかりとした明るさでファサード空間を魅力的に演出します。

LIXIL:美彩 グランドライト
≫製品詳細はこちら
 
 

カーポートとセットでおすすめ!



センサ付きスポットライトでお出迎え!


人の動きを感じて転倒する熱線センサ付きのスポットライトなら、カーポートや玄関アプローチで点灯し、帰ってきた人を優しく迎えてくれます。必要な時にそっと手を差し伸べるような優しさがうれしいあかりです。

LIXIL:美彩 エスコートスポットライト
≫製品詳細はこちら
 
 

空間を広く照らすならこのタイプがおすすめ!



バリエーション豊富なポールライト!


何かを照らすのではなく、ガラス自身が輝きを放つ照明。訪れる人の視線を引き付ける、艶のある美しい煌めきが特徴です。光を点在させることでアイポイントをつくり、目線を誘導しながら安全を確保することが大切です。

LIXIL:美彩 ローポールライト
≫製品詳細はこちら


足元を優しく照らすならこのタイプがおすすめ!



フットライトで安全確保!


照明計画の常識を変える。後付け可能なフットライト。完成したアプローチに合わせて任意の位置に設置することができるため、様々なシーンに合わせて、最適な照明計画をすることができます。

LIXIL:美彩 フットライト
≫製品詳細はこちら
 
 

テラスやデッキと合わせておすすめ!



フロアライトをリズミカルに配置!


自由な場所に置いて光の演出を楽しむガラス製の照明器具。デッキの縁に置いて陰影を演出したり、庭の一隅に置いて地形や葉の陰影を楽しむことができます。

LIXIL:美彩 グラスフロアライト
≫製品詳細はこちら


ラインライトを間接照明に!


階段の蹴込み部分やデッキの幕板裏など、わずかなすき間にもフィットする実用的な間接照明器具です。

LIXIL:美彩 シンプルラインライト
≫製品詳細はこちら


ClipboardImage

エコで簡単施工のソーラーライト!


昼間の太陽光で発電し夜間発光するシステムで、電気工事が不要なため容易に設置できます。周囲を照らす明るさはありませんので、アイポイントとしてお使いください。

LIXIL:ソーラーLEDライト
≫製品詳細はこちら
 
 

お庭のスタイルはまさに千差万別。あなたのお庭にぴったりのライティングプランをご提案いたします。LIXILのエクステリアライトで、昼の顔とはちがう「もう一つの庭」をぜひお楽しみください。



スタイリッシュ


ベーシック


シンプルでエッジ感のある造形美と素材感や素材の使い分けに個性があるこのスタイルでは、様々な間接照明が有効です。プランターや植栽桝を下からアッパーライトで照らしたり、小壁や階段下への間接照明など、黒子に徹したクールな照明計画がおすすめです。見える器具はスクエアな形状などシンプルなものでまとめます。

樹木のライトアップや花壇の演出を中心にプランニングしていきます。花壇やアプローチには間接照明タイプのローポールライトを使い、花を照らしながら歩行動線の明るさを確保します。床面に大きな明るさが必要なときは建物からのスポットライトも有効です。見える器具は、丸や四角のシンプルな基本形や北欧イメージのものを使うようにします。

モダンジャパニーズ



イングリッシュガーデン



市松のタイルや格子のモチーフで「和」テイストを演出したガーデン。トクサや笹などの背景にはウォールバーライトによる間接照明を配置し、樹木のライトアップや置き行灯などと組み合わせます。置き行灯用の屋外コンセントを忘れずに設置しましょう。照明器具が見える場合はスクエアなものが適しています。

高さの違う花やハーブを組み合わせたイングリッシュガーデンでは、間接照明タイプのローポールライトの効果は絶大です。花やハーブのグループごとに複数灯使うのがコツ。樹木もしっかりとライトアップしましょう。コニファーなどの三角形の樹形の樹木は、横からのライティングとなりますが、その場合に住宅内に差し込まないよう配慮します。